ものづくりが好きな人

「ものづくりが好き」は工場勤務における最高の資質

工場勤務の仕事のやりがいは、なんといっても「自分の手でものを作る」ということでしょう。ユーザーが実際に使うものを自分で作りあげているという事実は、仕事に誇りを感じさせ、自分に自信を持たせます。 ものづくりには集中力が必要です。コツコツと地道な作業を続けられる継続力がなければ、製造系の工場でよい仕事をすることは難しいでしょう。ものづくりが好きな人は、地道な作業を続けられる忍耐力に優れていることが多いです。また、好きこそものの上手なれというように、ものづくりが好きな人は製造工程など業務全体に興味を持ちやすいので、仕事の覚えも早い傾向があります。そのため、製造系の工場ではものづくりが好きという人は、最高の資質を持っているということになります。

「ものづくりが好き」のアピールの仕方

面接の際などで「ものづくりが好き」という気持ちをどのようにアピールすればいいのでしょうか。上手に気持ちをアピールするためには、志望動機の書き方に注意することが大切です。

最初に仕事に就きたい理由を自己分析します。工場はたくさんあります。その中でなぜ、この工場に応募するのかをはっきりと説明できるようにしましょう。このときのコツは「3つのWHY(なぜ)」を考えることです。「なぜ」この仕事なのか、「なぜ」この会社なのか、「なぜ」ほかの会社ではないのか、といった「なぜ」をしっかりと考えてください。「ものづくりが好き」という感情に、もっと深い理由が必ず見つかるはずです。そのうえで、製造者目線で自分のやる気をアピールしてください。きっと工場にとって魅力的な人材に映るはずです。