ライン作業とは?

ライン作業ではどんなことを行うの?

ライン作業とは、単一の製品を大量に生産する方法です。正式名称はライン生産方式といいます。ベルトコンベアなどから流れてくる機械に部品を取り付ける作業となります。自動車やバイクなどの乗り物のほかに、エアコンや洗濯機といった家電製品を主に取り扱います。乗り物や家電製品以外にもスーパーなどで販売するサンドイッチやお弁当を扱うこともあります。ライン作業では機械に部品を取り付ける作業以外にも、材料を加工する工程や検品などの作業も行われます。ライン作業の多くは特殊な技術や知識がなくてもできるので、未経験でも仕事を見つけやすいのが特徴です。身近な製品が出来上がっていく過程を知ることができるので、男女問わず人気がある仕事でもあります。

ライン作業に向いている人とは?

ライン作業は、単純な作業の繰り返しとなります。よって単純作業が苦にならないという人に、ライン作業は向いています。検品を担当する場合など、適合品と不適合品をスピーディーに見分けなければなりません。よって長時間高い集中力を維持できる人に向いている仕事となります。同時に、万が一の事態が起きても冷静に対処できる判断力も必要です。何が起きても冷静でいられる人も、ライン作業に向いています。自動車や洗濯機など身近な製品を作る工程を知ることができるので、好奇心旺盛な人もライン作業を楽しめるでしょう。ライン作業は、基本的に立ち仕事になります。長時間の立ち仕事はかなりの体力を使うので、体力に自信がある人もライン作業に向いています。