検品作業とは?

製造現場での検品作業

2016年の時点で国内に217,601の製造工場が存在することからも分かるように、モノづくりには非常に大きな価値があります。さらに良質な製品をなるべく多く市場に送り出す必要があることを考えると、検品という作業は欠かすことのできない大事な工程でしょう。工場での検品業務に応募する人には、大事な工程を担う責任感のある姿勢が求められます。

製造現場での検品業務は、できあがった製品に欠陥がないかを調べる作業です。会社の信頼にも直結する最重要な工程ともいえるでしょう。具体的な検品方法は、工場や製品によってさまざまな種類があります。傷がないかを目視確認するという方法や製品の重さを量る方法、実際に箱から商品を取り出して本来の動作をするかチェックする方法などです。細かい作業が好きで、責任感の強い人に向いているでしょう。

物流現場での検品作業

物流現場を経験したことのない人はピンとこないかもしれませんが、物流業界においても検品作業は重要な意味を持っています。製造現場の検品作業とは根本的に違いますが、倉庫や物流センターに配送された商品をチェックするのが一般的です。伝票に記載された商品の種類と個数が一致しているか、商品に傷がついていないかなどを確認します。

不良品をスルーすることは許されませんが、時間が命ともいえる物流業界では、時間をかけすぎることもできないのが検品作業です。素早く正確にこなすスキルが求められます。年間でたった1つの検品漏れであっても、最終的に商品を受け取った人にとっては、100パーセントが不良品だったということにもなりかねません。高度なスキルと厳格なチェック体制が求められます。