ピッキングとは?

倉庫内にある商品をピックアップする仕事

工場内で行う仕事の一つで、リスト内の指定された製品をピックアップする仕事が、ピッキングです。完成品等の検品や包装とセットで行われる仕事で、年齢に関係なく、誰でもできる仕事の1つとなっています。ピッキングには、シングルピッキングとトータルピッキングの2種類があり、シングルピッキングは1つの発注に対して提示される指示書から、指定した製品を取ってくる作業です。一方、トータルピッキングは、発注によって指定された製品の数が2つ以上になる点で、大きく異なります。

シングルピッキングは、工場内にある複数の製品から探す作業なので、ある程度の体力を要します。一方、トータルピッキングの方は、ベルトコンベアー等から流れてくる製品が対象となるため、体力よりも判断力が求められる点が、シングルピッキングとの大きな違いです。

工場勤務の中でも時間調整がしやすい仕事

指示書の中にある製品を、工場内から探して指定の場所に持ってくる仕事という性質上、製品の組み立て及び加工が苦手な人や、未経験であっても覚えやすい点が、大きな特徴です。工場内を走り回る仕事なので体力がつき、さらに運動不足が解消できる点で、健康的な仕事でもあります。他の工場での仕事と同様、シフト調整がしやすいため、主婦のように働ける時間帯が限られている場合でも、ライフスタイルに適した働き方ができます。収入を増やしたい場合は、夜間を中心とした勤務形態を選べる点も、大きな特徴です。

原則として、1人でする仕事なので、世間話が入ると仕事に集中できない人に最適な仕事となります。また、ピッキングに慣れると、指定の製品を数も含めて正確に探せるようになる他、傷のある製品も見極められるようになる等、質の高い仕事ができるようになる点も、大きな特徴です。

派遣の仕事探しは、街中の派遣会社に出向いて直接担当者と相談するだけでなく、派遣求人の専門サイトやアプリを使って好きな時間に求人検索をするという方法もあります。