同じ作業の繰り返しが苦にならない人

工場の仕事は毎日同じ作業になる可能性あり

ひとえに工場で働くと言っても、様々な作業内容があります。ただ毎日作業の内容が変わる訳ではなく、担当となった作業をずっと繰り返す事になります。入社して間もない頃は、まだ覚えることがたくさんあり、仕事についていくのにも必死になるため刺激もありますが、仕事に慣れ始めた頃からは、同じ作業の繰り返しがつまらないと感じるかもしれません。つまり飽き性の人は途中で嫌気がさし、転職を考えるようになるのです。雇う側にしてみると、同じ作業がつまらないと訴えられても困ります。訴えを聞くたびに担当ポジションを変更していてはキリがありません。何かと文句を言ってくる作業員より、与えられた仕事を黙々とこなしてくれる人の方がありがたいと感じるのも当然と言えます。

ライン作業は集中力が必須

全ての工場ではないですが、ライン作業を取り入れている工場は多いです。作業員はあらかじめ所定の位置にスタンバイしており、ベルトコンベアで流れてくる部品を組み立てたり、ネジを止めるなどして一つの製品を作り上げていく生産方式です。工程ごとに人員が配置されており、例えば部品組み立ての担当になったならば、毎日部品組み立ての作業を繰り返します。単純作業なので仕事に慣れるのも早く、数をこなせば頭で考えるよりも体が先に動くようになっていくかもしれません。ただ油断すると間違えたり、ラインのスピードに間に合わず遅れを取ってしまう事もあります。単純作業ではありますが、一つの小さなミスでもベルトコンベアを止めるまでの事態に陥ります。他の作業員に迷惑をかけないためにも、高い集中力が求められるのです。

工場の転職に関する情報を調べるには、転職サイトを活用したり公共職業安定所を利用するなどの方法があります。