仕事を通して達成感を得たい人

「ゲーム感覚」で「熟練工」を目指す!?

「工場の仕事」と聞けば、「一人で黙々と単純作業を続ける」様子をイメージします。
そのような点で、工場の仕事はある種の「ゲーム」と類似しています。
ゲームには、単純な作業を延々とこなすクエストが、数多く存在します。それは「根気を要する作業ほど、クリアしたときの達成感もまた大きいから」に違いありません。

工場の仕事もまた、具体的な目標を設定して取り組みやすいと言えるでしょう。
たとえば、製造業のライン作業であれば、レベル1「作業を覚えて一人で仕上げる」ところからスタートし、「一日の不良品を〇個以下にとどめる」、「理想通りの完璧な仕上げ連続〇個の記録を更新する」などなど。
目標を達成しながら徐々にハードルを上げていけば、いずれは熟練工の域に達することも夢ではありません。

突き詰めれば突き詰めるほど、作業に対する「プロ意識」も高まるものです。
そんなときには、「資格」の取得に挑戦してみてはいかがでしょうか。

さらなる高みを目指して…「資格」にチャレンジ!

工場の仕事には、特殊な技能を求められる作業が多く、技能や資格の保有者には「手当」が支給される場合もあります。

工場の仕事に関連する資格も、種類や取得形態はさまざまです。
「フォークリフト」の場合、最大荷重「1トン未満」までは、「事業者による特別教育を修了」すれば運転できます。しかし、「1トン以上」のものは、「各都道府県の教習機関で技能講習を受講し、修了試験に合格」しなければ運転できません。

取得する資格は、その資格の「効力」や「需要」をよく調べてから選びましょう。
その点で、「国家資格」の「衛生管理者」はおすすめの資格と言えます。「常時50人以上の労働者を使用する職場」では、衛生管理者を選任することが「労働安全衛生法」により義務付けられています。この「第一種衛生管理者」を取得しておけば、工場の仕事で有用なことはもちろん、もし将来ほかの業種に転職するような場合にも、高い効果を発揮することでしょう。

派遣の求人は、働く期間や曜日、出勤日数などを労働者側が選択できるものや、特別な免許や資格、スキルなどが必要ないものが多く見られます。